名ばかり管理職問題とは?

一般的に企業における管理職とは、経営に参画し重要な責務を負っている役職の者を指します。一方、労働基準法では、労働時間管理を不要とする「管理監督者」について定められています。

本来会社で自由に設定できる管理職と労働基準法の管理監督者は、必ずしも一致するものではありません。しかし、労働基準法上の「管理監督者」と企業で設定した管理職を同じものと捉え、全ての管理職には残業代を支払わないケースが発生しています。 そして、このような管理職を名ばかり管理職と呼ぶようになってきました。

名ばかり管理職は、十分な経験を積まないうちに管理職とされる、長時間労働が常態化する、そして残業代も払われない。このような問題が発生しています。

『名ばかり管理職』の問題はマクドナルドなどで訴訟にも発展しています。それだけでなく、マスコミ等の報道が増え社会からの批判も強くなっています。

こうした状況の中、スーパー、飲食店等で従来は管理職として残業代を支払っていなかった管理職・店長に対し、残業代を支払うことを発表するといった動きが現れてきました。