レストランビュッフェ事件 (大阪地裁判決 昭和61年7月30日)

(1)争点

 時間外労働に対する割増賃金支払義務の存否

(2)役職

 ファミリーレストランの店長

(3)実態

 店長としてコック、ウェイター等の従業員を総括し、採用にも一部関与し、店長手当ての支給を受けていたが、従業員の労働条件は経営者が決定していた。

 店舗の営業時間に拘束され、出退勤の自由はなかった。

 店長の職部のほかにコック、ウェイター、レジ、掃除等全般に及んでいた。

(4)判決

 管理監督者には該当しない